2014/02/19

2014/02/06

節吻







こんにちは。
もう2月になってしまいました。
少し暖かい日が続きましたね。
僕の家の小さな梅の木は花が咲き出し、
少しずつ春の気配が覗きだしているようです。
でも、
この時期にそんな油断をすると、
いきなり大雪になったりして驚くんですよね。
先日も私の住む奈良は、
早朝から濃い霧に包まれ辺りは真っ白。
当然のごとく交通機関は乱れ、
慌てちゃいけないのに慌てさせられる。
奈良県は山間部では雪は積もりますが、
僕の住んでいる盆地はめったに積もらない。
だから、
何年かに一度の大雪が降ると、
これまた慌てちゃいけないのに、
大いに慌ててしまう。
タイヤのチェーンも掛けた事がないし、
持ってもいない。
持ってる靴の底も怪しいもんです。
雪が積もった日の朝って、
雪が音を吸収するせいかとっても静かなんですよね。
だからだいたい寝過ごしてしまう。
なので、
駅まで走らなくてはならなくなるんですが、
普段雪なんて積もらないもんだから、
非常に危なっかしい。
ちょっとした勾配も危険極まりない。
普段使わない筋肉をフル作動させてようやく駅に着いても、
ダイヤは乱れまくりで、
目的地に着くのは何時になるやら。
今時はインターネットで調べれば情報は簡単に手に入るけど、
電車が何分遅れてるかなんて、
駅に行かなきゃ分からない。
結果、
駅までの道中は何故雪なのに家を速く出なかったのかと、
責められた時の言い訳をブツブツ考える僕のブログにようこそ。
目的地に全く雪が積もっておらず、
どう説明しても只の寝坊助の遠吠えになる僕ですが、
今日も少しお付き合いくださいませ~





































豆もまかず、
巻き寿司も食べ忘れた節分も終わり、
世間はバレンタインデーで、
商店はピンクとブラウンのハートマークが飛び交っています。
学生の頃は地味だったせいか、
お義理のチョコレートをよく頂きました。
しかし、
僕は鈍感でしたから、
頂いたチョコレートの中に本命のチョコレートが入っていても、
気付いていなかったのかもしれません。
まぁ、
さすがにそれは無いか・・・
男性が抱く女性のイメージは大体において間違っていて、
女性のほうが積極的な事のほうが多いんですよね。
だから、
黙ってチョコレートを渡して駆け去っていく女性なんてのは漫画の中だけ。
大体の女性はこの時に、
チョコレートと一緒に自分の気持ちを伝えている・・・
と、思います。
・・・多分。
僕の時代はそうだったように思います。
白状すると、
今のバレンタインデー事情は分かりません。
案外シャイな女性が多いのかも・・・
いや、
そうでも無いか・・・
この時期、
今まで少しだけ気にしていた相手がより一層気になりだし、
気が付けばその人の事ばかり考えてしまう。
気になるのはその相手と少し接点があるから。
意識すれば自ずと接点を増やそうとするもんです。

挨拶をし、
何かを訪ね、
少しだけ雑談をし、
それが徐々に会話になり、
相手の事を少し知り、
相手も自分の事を少し知る。
気が付けば合うたびに会話をするようになっていて、
少しの友情が芽生えている。
友情はほぼ愛情、
根本は同じです。
ある日、
お互いの普段の距離から少しはみ出すと、
気持ちは急に膨れ上がってしまいます。
でも、
それは相手も同じとは限らないんですよね。
相手が鈍感であったり、
別の誰かを意識していたり・・・
思いは行動に出さなければ伝わりませんからね。
じっと念じて見つめていたって、
スプーンは曲がるかもしれませんが、
人の気持ちは曲げられませんから。
いや、
スプーンも曲がらないか・・・
この、
恋愛の甘酸っぱいこの時。
胸は熱くなり、
食欲も無くなる。
相手の事を考えても知っている事が少ない為、
頭の中で堂々巡りになってしまう。

小さな箱に入ったチョコレイトに多くの思いが詰まっているかも知れません。





































高校生の頃、
学年の違う全く知らない生徒からバレンタインデーのチョコを貰いました。
そして付き合って欲しいと言われたんですが、
僕はその子を見たこともなかったんで、
付き合うことは断りました。
その当時、
僕だって好きな子はいましたし、
会話もしたことの無い子といきなり付き合えませんよね。
その子には辛い思いをさせたかもしれませんが、
小さなことの積み重ねで出来上がってゆく事が大事ですからね。
当たって砕けろで行動しても、
こればかりは成功しにくい。

でも、
時間をかけて、
少しずつ積み重ねても必ず成功するとは限りません。
やっとの思いで自分の気持ちを伝えても、
相手の気持ちは全く見えない。
もし、
相手も同じ気持ちだったと言われ、
この上なく幸せな気持ちになれたとしても、
お互い家に帰ってしまうと、
たちまち不安な気持ちになってしまう。
相手はああいってくれたけど、
それは本当の気持ちなんだろうか?
明日になると気が変わってしまうんじゃないだろうか?
あぁ、声が聞きたい、
電話したら嫌われるんじゃないだろうか?
そんな考えが頭をめぐり、
幸せな気持ちが不安で包まれてしまう。
でも、
翌日その相手に会えばそんな気持ちは消え去ってしまう。
チョコレイトを渡したって、
お互いが見えてくるのはかなり後になるんですよね。
少しずつ近づいて、
口づけを交わしたら、
深く果てしなく互いの事を知りたくなるんですよね。





































一緒にいる間、
時間と時間の節目で口づけを交わし、
目と目が合った節目に、
また口づけを交わす。
節目、節目にお互いの気持ちだけが見えてくる。
すると、
周りは全く見えなくなって、
やけに色の無い夢が続く・・・









甘酸っぱい思いは遥か遠く、
口づけという言葉を書くだけでかなり照れてしまう、
46歳のシャイオヤジにお付き合い下さって、
誠にありがとうございます。

こちらの生き物たちは青春真っ只中?
なのかどうかは不明ですが、
とってもピュアでございます。
よかったら覗いてやって下さい。



イラストを描いてます。
ダーク・ブランコ  Dark Blanco



接吻 ORIGINAL LOVE