2012/02/22

恋のふぁじぃシート


こんにちは~
少しずつ寒さが和らいで、
道行く私の影もだんだんと濃くなって来ました。
いい天気やね~と、互いに声を掛け合う事で、
気持ちの中にも春が沁みて来るんでしょうね。
南から春がジワジワ沁みてきて、
春で満たされそしてあふれ出す・・・
季節の中でもっとも待ち遠しい春が、
視界の端にチラチラ見え出して来ました。
夢から覚める少し前のような曖昧な今日この頃。
フワァ~っと流し見でかまいませんので、
今日も少しお付き合いください~







曖昧と言えば昔、ファジィって言葉が流行りましたよね。
何かにつけファジィって言葉が付いていました。
特に電化製品に多かったと思います。
私の家の洗濯機はちょうどその頃に発売されたものです。
私、洗濯機の洗濯層が回転しだすと、
ついつい見とれてしまいます。
ただ衣類と水が回転しているだけなんですが、
なぜか目が離せなくなってしまいます。
そんな方は結構多くいらっしゃるとおもいます。
昔の2槽式の洗濯機の時は、
ただただ回転するばかり。
芸としては時々反転するぐらいでした。
脱水だって人まかせ~
それがファジィ機能が付いたりすると、
強く回してみたり、優しく反転してみたり。
水が足りなくなるとちょっと足してみたり。
そんな芸の細かい事をやられると、
見ずにはいられなくなるんですよね~
今じゃだいぶ飽きちゃったんですが、
購入当初はついつい見入ってしまい、
脱水するから蓋を閉めろ!と、
洗濯機に注意される事がしばしばありました。
ヒマだったんですかね~






今じゃファジィって言葉はあまり耳にしなくなりました。
しかし私がぼんやり洗濯機を眺めている間に電化製品は、
ますます曖昧知能を備え、
私達の背中の痒いところを掻いてくれています。
ファジィ理論がこれらの中枢で、結構ややこしいいんですよね~
まぁ、曖昧な事を説明し取り入れようとするんですから、
色んな言葉が必要になるんでしょうね。
私なんかには?????でございます。
ネットに簡単な説明がありました。

川崎さんと山本さんの2人で一つのケーキを分ける場合、
最も良い(合理的)方法は何か?
答えは川崎さんがナイフを入れ、山本さんが好きな方を取る。
なんだそうです。
もちろん川崎さんがナイフを入れてもかまいません^^
ケーキのような部分部分が対象になっていない、
絶対的な公平さを求めても不可能な場合に、
川崎さんと山本さんが、お互いに"満足"する事を優先にして問題を解いたら、
こうなるんだそうです。
なんか大人ですよね~
人に近づく為に取り入れられた機能の源は、
なんだかちょっと優等生。
近未来ものの映画でロボットの反乱も起るわけですね~
近づいてきてすれ違う・・・
はたして私は川崎さんなのか山本さんなのか。





機械はYesかNoの2進法で動いています。
人だって基本はYesかNo。
答えが出ない時はとりあえずその件は保留にしておいて、
次に進めるところが機械とちがうところです。
そんな知能が今の電化製品に組み込まれ発展しだしているんですね。
そのうち洗濯機は蓋を勝手に開けたり閉めたりし、
洗濯物をたたみだすかも知れません。
従来のロボットならA地点からB地点まで行けと言えば、
黙って命令を聞いていたでしょう。
でもファジィなロボットなら、
A地点からB地点まで行く間にすでに恋をしているかも~

ぽち~ぽち~、
どこいったんや~!









恋のぼんちシート ザ・ぼんち




6 件のコメント:

  1. I love the urban black and white pictures the most - very artistic!

    返信削除
    返信
    1. Maria,
      Thank you for comment!
      Please come to sometimes look ^^

      削除
  2. Belas fotografias...Espectacular....
    Cumprimentos

    返信削除
    返信
    1. Fernando,
      Obrigado pelos comentários!

      削除
  3. I really like your black and white pictues in this series.
    I will be back here more often.

    Greetings from The Netherlands!
    Gert Jan

    返信削除
  4. Gert Jan Hermus,
    Thank you for comment!
    It was good that you liked my photograph.
    I welcome that you come very much!

    返信削除